傳谷英里香『未満警察』で意識したのは“女性らしさ”、自身の寮生活経験も明かす

日本テレビで放送中の『未満警察 ミッドナイトランナー』(毎週土曜22:00~)は警察学校を舞台に中島健人と平野紫耀演じる本間快と一ノ瀬次郎が難事件に挑む予測不能なフルスピードクライムサスペンス。1話、2話を通して絆を深めている2人だが、アクションも冴えわたり、7月11日の3話ではますます緊迫したシーンも増えそうな予感。そこで今回は2人が入校した警察学校の学生、鷹木真琴を演じる傳谷英里香に直撃インタビュー。


――今回、演じる鷹木真琴というのはどういう女性ですか?


「いわゆる世間一般で言われる、“あざとい”一面も持ち合わせている女性ですね。監督からは“あざとさゆえの甘えや女性らしさを意識して演じてほしい”と言われて。最初はどのぐらいの濃度で演じればいいのか分からなかったんです。母親でありながら警察官を目指す意思の強さと、あざとさが私の中でマッチングしなくて。なぜ彼女はこういう女性になったのかって経緯を考えたとき、やっと整理がつきました。」



――傳谷さんは連続ドラマ出演が2度目。前回は『ランウェイ24』でCAの役でした。


「『ランウェイ24』のときは、事前にあまり決めすぎないほうがいいなって思ったんです。セリフって目的によって言い方や行動が変わるじゃないですか。目的によってリアクションやテンションも変わりますし。私の芝居が監督の思いと合致していればいいんですけど、そうじゃないときもあって。そういう臨機応変さは必要なのかなって感じましたね」




――主演の中島健人さんと平野紫耀さん。お2人と共演された感想は?


「中島さんは周りをよく見ている方だなって印象です。例えば共演者の方に“CM観たよ”と声をかけていらっしゃいました。平野さんは、まさにムードメーカー。平野さんがいるだけで現場が明るくなりますね」


――真琴も本間や一ノ瀬らとともに寮生活を送っています。寮生活をしてみたいって思うことはありますか?


「実は学生のころ、事務所の寮に住んでいたことがあって。(ベイビーレイズJAPANの)メンバーと一緒ではなく、モデルさんやいろんな方たちと寮で暮らしていたんです。みなさん、夢を持って生活していたので、いい刺激になって切磋琢磨できる環境でしたね」



――寮生活で大変だったことというと?


「掃除とプライベート空間の確保ですかね。どこの掃除担当か決まっていたんですけど、掃除のレベルってそれぞれ違うじゃないですか。協調性は本当に大切だと思います。あとは、常に誰かがいるので、本当の意味でオフの時間を作るのは難しかったですね。」



――『未満警察』のメンバーで掃除をやらなそうなキャラクターというと?


「それがみんなマジメなので掃除もやってそうなんですよね。ただ、黒岩くん(葉山奨之)は少しお調子者なところがあって。ノリで“ちょっとサボっちゃおうぜ”って言うかもしれません(笑)。でも、なんだかんだ、みんなちゃんと掃除や決まり事は守る人たちだと思います」

――警察学校のトレーニングシーンは大変そうでした!

「比較的、体力には自信があるんですけど、大変なトレーニングもあって、みんなと“これ、ホントにきついね”って言っていました(笑)。だからこそリアリティも出たんじゃないかなと思います。それに警察学校のスケジュールって本当にすごくて。朝早くて、トレーニングの時間も多く、自分の時間も少ない。その中で警察官になるためどうあるべきかを考えなきゃいけないので、シビアな世界だなって思いました」


――CA、警察学校の学生ときて次にやりたい役はありますか?

「色んな役に挑戦してみたいですね。ただなにかあげるとしたら、家族ものをやってみたいです。あと学校の先生に憧れていた時期があります。国語や美術の先生がステキだなって感じたことがあったので、先生役もやってみたいです」

――先生というと、熱血教師や生徒と禁断の恋をしてしまう教師の物語などもありますが、どんな先生を演じてみたいですか?


「やっぱり生徒の見本となるような先生を演じてみたいですね。でも悪い先生も面白そう(笑)。今はいろんな役どころに挑戦したいので、どんな先生役にも興味があります。もちろん、悪女とかも(笑)」


――最後にドラマを見てくださる視聴者の方にメッセージをお願いします。


「物語としては主演のお2人の絆や、いろんな登場人物を巻き込んで事件を解決していく見ごたえのある作品です。緊張感のある戦闘シーンと、食堂の平和なシーンのコントラストも楽しんでいただければうれしいです」



『未満警察 ミッドナイトランナー』

日本テレビ系にて、毎週土曜22:00〜22:54放送

出演 : 中島健人(Sexy Zone)、平野紫耀(King & Prince)、吉瀬美智子、大幡しえり、葉山奨之、竹内愛沙、傳谷英里香、阿岐之将一、小平大智、中村ゆり、原田泰造、伊勢谷友介

脚本 : 渡辺雄介

音楽 : 木村秀彬

チーフプロデューサー : 池田健司

プロデューサー : 藤村直人、森雅弘、柳内久仁子(AX-ON)

演出 : 南雲聖一、長沼誠、大谷太郎

制作協力 : 日テレアックスオン

製作著作 : 日本テレビ

(c)日本テレビ


文・写真:今 泉

RECOMMEND NEWS

  1. 千鳥大悟、中村静香の指を吸う

  2. 伊藤健太郎&玉城ティナが生出演、撮影の裏側語る特番決定

  3. 森川葵×城田優、色気たっぷりの“大人の初恋”が待ち遠しい『文学処女』重版放送

  4. Kis-My-Ft2、もし夏休みが取れるとしたら?5:2で意見分かれる

  5. 増田貴久とデート気分が味わえる!?婚活30戦30敗“結婚したい男”にかける言葉とは

  6. 黒羽麻璃央、意中の女性とは炊き立ての米をシェア「お米って美味しいよね」

  7. 小澤廉主演ドラマ『チョコレート戦争』小南光司らが歌う主題歌収録のCD発売決定、イベント詳細も明らかに

  8. 表紙は「おっさんずラブ」キャスト&嵐のレアな蔵出しカットも 「週刊ザテレビジョン」

  9. 日向坂46 新番組で突撃取材、イチロー 安倍総理 松本人志…実現すれば毎回特番!?

  10. 「ワカコ酒 Season4」酒飲みファンにはたまらないコラボが実現

  11. 山本美月 もう迷わない「鮎川君がいいです」

  12. ド・ギョンス(EXO-D.O.)主演ドラマ「100日の郎君様」ガイドブックは紙にもこだわり

  13. 『GENE高』片寄涼太が映画『0キス』で話題の“鼻かじ”披露で悶絶必至

  14. 浜辺美波 、弘中アナも爆笑の“ビートドラム”姿「リズム感がないのもバレました」

  15. 踊り子・志津(堀田真由)に心惹かれる裕一(窪田正孝)、乃木大将と再会!『エール』第15回