アプガ(仮)日比谷野音ライブ熱狂、グループ初 新メンバーオーディション発表

富士山山頂でのライブや2時間NON STOPライブなど数々の伝説を残すアイドルグループ、アップアップガールズ(仮)。


今月1日には、コロナ禍で世間の雰囲気が沈む中、緊急記者会見で前向きな発表を行い、業界内外をざわつかせた。


そして9月26日(土)、5年ぶりとなる日比谷野外音楽堂にて、記者会見での予告通り、“今後の体制に係る重大発表”を含む、単独ライブ「ENDLESS SUMMER in 日比谷野音」を開催した――。


小雨がパラつき肌寒さを感じさせるという、奇しくも5年前と同じような天候の日比谷野外音楽堂。


オープニングアクトが始まるタイミングにはファンの熱い思いと熱気が、小雨と肌寒さを吹き飛ばすという奇跡までもが5年前の再来となった。


アップアップガールズ(プロレス)、アップアップガールズ(2)という5年前にはいなかった妹分が見事に温めた会場に現れた“姉さん”は、1曲目からコロナ禍で沈むファンへ贈る新曲『I LIVE YOU』、そして佐保明梨の“こぶし”が魅力の『アップアップタイフーン』、エクササイズと言えるほどの運動量となる『アッパーカット!』とアップテンポな激しいナンバーを立て続けに披露しその貫録を魅せつけた。


MCパートに入ると、前日まで開催されていたクラウドファンディングが目標額を大幅に超えたことに対する感謝と喜びの言葉が、メンバーから会場のファンとニコ生視聴者に届けられた。続けて、佐保がトンファーを用いた空手パフォーマンスを披露し、古川小夏が「今日はボスから“雨を止ませることがお前の仕事”って言われてたから、もう仕事終わっちゃった!あとは楽しむだけ!」と会場を沸かせた。


そのまま『Next Stage』、『バレバレI LOVE YOU』、『End Of The Season』と、ふり幅の大きな楽曲とバツグンの歌唱力でアプガ(仮)の深い魅力が引き出されると、再びMCパートへ。


ここでは、新井愛瞳が「夏が終わっていく感じ。この5人で過ごす最後の夏」と切り出すと、佐保が「少し悲しくなる気持ちもあったけど、最後まで楽しむことに決めた!悔いの残らないように楽しい夏を最後まで!」と会場のテンションを上げ、「メチャキュン▽サマー ( ´ ▽ ` )ノ」、「サマービーム!」とキュートなサマーソングで『ENDLESS SUMMER』を体現した。


ここからはライブも後半へ突入。「出し惜しみなし!」とばかりに加速する楽曲とパフォーマンスは、『ヒート ビート アイランド』、『愛愛ファイヤー!!』、『Lady→GO!』と続き、5人の魅力が存分に活かされたダンスメドレーが設けられると、会場のボルテージはさらなる高みへ。


もちろん盛り上がりはここが頂点とはならず、お祭り騒ぎの様相に。新曲『Light It Up』、『アゲノミクス!!』、そして『アッパーレー』では、古川と関根梓がCO2ジェットガンを撃ちまくり、スモークでステージが全く見えなくなってしまうという、アプガ(仮)らしい“悪ノリ”に会場は大きな笑いで1つになった。


「私たちは、それぞれこれからも前に向かって、上を向いて全力で走り続けます!私たちのためにもファンのみんなのためにも、精一杯歌います!」


森咲樹の言葉を合図にスタートとなったのは、最終曲『FOREVER YOUNG』。


ここではパフォーマンスもさることながら、メンバーが互いを称えあう抱擁を噛みしめるように繰り返したため、ほほを濡らすファンも少なくはなかった。


アンコールを求める会場の地鳴りのような手拍子に押され、ステージへと舞い戻ってきた5人は、「みなさんの対応力を信じてます!見様見真似で踊って!」と、関根と佐保が振付を考案の新曲『ソラハレルヤッ!!』を初お披露目。ファンも見事にパフォーマンスについていくという、アプガ(仮)ならではの一体感が会場を心地よく包んだ。


最後のMCでは関根が涙で言葉を詰まらせながらも、「5人体制の終了という発表で驚かせてしまったかもしれないけど、この日をバネにしてアップアップガールズ(仮)の可能性を無限大にしていきたい!これからも応援よろしくお願いします!」とメッセージを伝え、新井からは驚きの発表も。


なんと、グループ初となるオーディション、「アップアップガールズ(仮)新メンバーオーディション2020」を開催するというのだ。


対象は小学校6年生~28歳の女性と切り出されるも…、新井は「対象外でも応募可能!それがアプガです!夢を諦めきれない5人が集まったグループなので!もう募集期間スタートしております!今後、加入もあるし卒業もあるとおもう。それでも前を向いて、アプガ(仮)5人がそれぞれの未来に向かって真っすぐ進んで…、あわわわ」と締めくくりの言葉を噛んでしまうと、すかさず古川が「諦めないで!」とツッコみ会場は爆笑に包まれるた。


さらに11月10日には「6thアルバム(仮)」がリリース予定であることも公開されると、ラストはメンバーの手書きで作られた「ありがとう」の横断幕が掲げられる「サイリウム」で締めくくられた。


既に新体制への準備期間へと突入したアップアップガールズ(仮)。新体制でもあり、グループ結成10年目でもあるこれからの彼女たちは、今まで以上に前を向き、上を向き、多くの伝説を積み重ねてくれることだろう。



RECOMMEND NEWS

  1. 異例のロングセラー、乃木坂46与田祐希表紙の「blt graph.vol.41」増刷決定

  2. AKB48山内瑞葵ソロコン「⽇本を代表するようなアイドルになりたい」懸命のパフォーマンス

  3. NMB48 大阪観光スペシャルサポーターに就任、熱烈アピール

  4. dela沢口愛華 初カレンダーが”デカく”て歓喜「卓上だと思ってました」

  5. NGT48 研究⽣公演、”隙あらば個性” 初日の喜びと決意

  6. ハロプロツアースタート、フレッシュな新加入メンバーにファン声援

  7. こぶしファクトリー 最後のライブを完全生中継、解散前夜に特番も

  8. ももクロ高城れに、ソロコン映像作品ジャケット写真公開

  9. SKE48がTikTokerデビュー、松井珠理奈が10年間出さなかったことをついに公開!?

  10. AKB48全国ツアー2019 広島公演がニコ生で独占生中継決定

  11. たこ虹 大阪初の世界遺産決定をお祝い『なにわのはにわ』新MV公開

  12. レコメン!「女性アイドル 顔だけ総選挙」乃木坂46 白石麻衣が4連覇

  13. 『乃木恋』新4期生、黒見明香 佐藤璃果 林瑠奈 松尾美佑 弓木奈於が乃木坂学園に入学

  14. まるごと一冊乃木坂46増刊本、ファン垂涎の全貌が明らかに

  15. タワレコ「NO MUSIC, NO IDOL?」に眉村ちあき初登場