夏菜、高橋メアリージュンが「ちょうどいいブス」を演じる話題ドラマ

世の女性に勇気を与えた山﨑ケイ(相席スタート)のエッセイを原作にした、2019年1月期ドラマ「ちょうどいいブスのススメ」。“ブス”を演じる女優は一体誰なのか!? 注目のキャスティングが夏菜、高橋メアリージュン、小林きな子に決定した。

さらに、“ちょうどいいブスの神様”を演じるのは、原作者の山﨑ケイ。山﨑は、自身初のドラマレギュラー出演となる。


夏菜が演じるのは、“自己表現下手くそブス”の彩香。見た目的には美人ともブスとも言えないレベルで、存在感が薄く言いたいことを言えない受け身体質。ずっと片想いしている男性がいるものの、相手にアプローチできないでいる。

高橋が演じるのは、彩香の同僚で“融通の利かないブス”木原里琴。美人で仕事もデキるのだが、キツい性格で協調性がなく、周りの人間からは面倒な女と思われて疎まれている。

小林が演じるのは、“開き直りブス”皆本佳恵。自分がブスであるという自覚を持ちつつも、恋人がいることを振りかざして他の女性をディスったりしがち。今回の役柄を快諾した3人は、仕事に恋愛に迷える女性のリアルな姿をキュートに熱演する。

物語の舞台は、とある商社。総務部に勤める彩香、里琴、佳恵の前にある日、ちょうどいいブスの神様が降臨する。3人は神様から、自分のダメダメな現実を突き付けられて衝撃を受ける。「女は、自分がブスであることを認めて、初めて幸せのスタートラインに立つことができる!」と告げる神様。幸せになりたい3人は神様の教えに従って、ちょうどいいブスになるための修行を始めることに…。はたして彼女たちは、ちょうどいいブス=素敵な女性になれるのか!?

クランクインを直前に控え、“ちょうどいいブス”を目指す女優たちに話を聞いた。

夏菜<中川彩香 役・なかがわあやか>
私にとってもかなりの挑戦な役であり、未知数なドラマだな、と思っています。でも、きっと誰しもが共感できる部分があるドラマだと思うので、そこを大切におもしろおかしく演じたいと思います!色んな部分でブスなわたしたち、生きづらさを感じている私達 3 人がどう成長していくのかをポテトチップスでも片手に応援して下さると嬉しいです!

高橋メアリージュン<木原里琴 役・きはらりこ>
里琴が言われている「壁がある」は私も実際にずっと言われてきている事で、不器用な里琴と共通点が結構多くて、「だからか…。」と気づかされる事があります(笑)とても不器用な役柄ですが似ているところがある分、親しみを持って演じられそうなので、楽しみにしております。

小林きな子<皆本佳恵 役・みなもとよしえ>
目からウロコ!!もはや共感しかできない。そして、今の自分を見ているよう。ブスも開きなおりゃいいってもんじゃないんですね。山﨑ケイさんの持論が素晴らしすぎて、どストライク過ぎて、全ての女性に観て欲しい。最終回が終わる頃には、私も立派な「ちょうどいいブス」。

RECOMMEND NEWS

  1. 有吉弘行、日本の主婦の技術を称賛「予想を超えてくるな~!」

  2. クロちゃん、今田美桜の一言にショックを受ける「ひとりでも頑張ります!」

  3. 中居正広、侍ジャパン「公認サポートキャプテン」に就任「東京ドームでの優勝を見たい」

  4. 石原さとみ主演「Heaven?」福士蒼汰の争奪戦が勃発

  5. 石原さとみ主演「Heaven?」本編放送後に新作スピンオフドラマ

  6. ドラマ『ノーサイド・ゲーム』DVD&BD、2020年新春発売決定

  7. 「後妻業」最終回、衝撃の結末に木村佳乃も驚愕「こう来たか!?」

  8. 柴咲コウ「いまの私には沁みすぎる歌だ」King Gnu『35歳の少女』主題歌を書き下ろし

  9. ドラマ『M 愛すべき人がいて』が開設した謎の裏サイトが話題

  10. 千鳥感激!結成20周年を祝う驚きの“スゴ技”アートとは

  11. 菅田将暉、松坂桃李「パーフェクトワールド」に出演「これが桃李くんの座長の組か」

  12. 志村けんさんの思い出振り返る『ドリフ大爆笑』『バカ殿』他8時間に渡り一挙放送

  13. なにわ男子、女子を虜にする本格マジックに挑戦

  14. 「ラジハ」鈴木伸之、ドクター辻村の横顔オフショットにファンうっとり

  15. 『親バカ』永野芽郁オールアップのコメントに、ムロツヨシが思わずもらい泣き