亀梨和也 “アイドルらしさ”削ぎ落とす「トリートメントつけるの止めたり」

KAT-TUNの亀梨和也、俳優の佐藤隆太、女優の本田翼が5日、都内で行われたテレビ東京系ドラマスペシャル「東野圭吾 手紙」(12月19日放送、よる9時~)記者会見に出席した。

累計発行部数250万部を超える東野圭吾氏の代表作「手紙」をドラマ化。犯罪加害者の弟となってしまった主人公・武島直貴(亀梨)が周囲からの差別や偏見に苦しみながらも人生に希望を見出し乗り越えていくまでの家庭を描いていく。亀梨は同局ドラマ初出演にして主演を果たす。

シリアスで難しい役を演じた亀梨は、役作りのため普段の“アイドルらしさ”を削ぎ落としたと振り返る。「お話をいただいた時、ビジュアルの部分でシャープさをできるだけ排除したかった。監督からも『目立たない存在でいてほしい』と(言われた)」と指示があったといい、「ちょっと潤うのは違うかなと思ってトリートメントをつけるのを止めたり。目が充血していたらそのまま撮影したり、基本的に鏡をみないとか、猫背っぽくいたり、普段の自分とは違ったルーティンを持ったりしました」と明かした。

直貴の兄で、弟を大学に入学させたい一心で強盗殺人の罪を犯してしまう剛志を演じた佐藤とは、同作で初共演となる。亀梨は「(2人とも)野球が好きなのでお話ができたら」と思っていたが、作品の持つ重々しい雰囲気がそうさせなかった。佐藤は「終わった時にやっと話せたという感じだった。それまでは挨拶くらいで」と苦笑し、亀梨も「野球のやの字も出てこなかった。なかなか撮影中は重たいシーンばかりでお話する時間なかったですけど、隆太さんの現場での存在感にあたたかみを感じていた。今度はぜひ間近で体感させてください」と再共演を希望。佐藤も「今度はご機嫌な役でご一緒したいですね」と同調した。

本田が演じた由実子は、直貴を精神的に支え続け、後に妻となる人物。6歳の子を持つ母親でもある。「母親を演じるのは初めてだった」という本田は「赤ちゃんならまだしも、結構一緒に生活している親なので自分だけで考えて演じるのは難しかった」と苦労を吐露した。母親のイメージを掴むため「子役の子とできるだけ一緒にいて、母親の方にもどういうことが大変なのか聞きました」と模索した様子だった。

会見ではドラマタイトルにかけ、ほかのキャストに手紙を書くシーンが設けられた。本田は、亀梨宛に「(撮影中)弾丸でスタッフの皆様とパスタを食べましたね。今度はフレンチがいいですね」と綴った。


RECOMMEND NEWS

  1. 山里亮太、結婚の裏側を知るしずちゃん以外の重要な人物とは?

  2. 『トップナイフ』メインキャスト&役衣装画像解禁、天海祐希ベリーショートに

  3. MY FIRST STORY・Hiro、引退を発表した母・森昌子の私生活を大暴露

  4. 高橋メアリージュン、斎藤工・窪田正孝らとの豪華集合ショット公開

  5. GENERATIONS片寄涼太の“隠れエロ度”が明らかに…衝撃の診断に「うっそー!」

  6. THE BOYZがNHK「テレビでハングル講座」に出演決定、インタビューも放送

  7. TOKIO松岡昌宏、松本まりかの究極の役作りに「もういいんじゃない?」

  8. 深夜ドラマ「新しい王様」が面白い、爽快だけどグサグサくる

  9. 浜辺美波、横浜流星にいきなり腕を掴まれ…運命が動き出す『わたどう』場面写真公開

  10. 『イッテQ!』GWスペシャル、イモトアヤコ×安室奈美恵さん感動の初対面再び放送

  11. 香取慎吾×三谷幸喜『誰かが、見ている』世界240以上の国や地域で同時配信決定

  12. 『魔進戦隊キラメイジャー』ミニアルバム2作品の発売日が延期

  13. 石田ゆり子&西川きよし、漫才コンビ “ゆり子きよし” 結成!?

  14. Snow Man 初冠番組「地上波SP完全版」など配信決定

  15. 浜辺美波、一人芝居に挑戦 名作童話「ヘンデルとグレーテル」