安藤美姫、宇野昌磨は「本当に努力する選手」GPファイナル開幕でエール

フィギュアスケート元世界女王の安藤美姫が7日、東京・ららぽーと豊洲で行われた「Sea Side アイススケートリンク」オープニングイベントに出席。カナダ・バンクーバーで開催した「グランプリファイナル」に出場する日本人選手に向けてエールを送った。


女子からは宮原知子選手、坂本花織選手、紀平梨花選手の3人が出場するが「6人のうち3人が日本。最強ロシアに戦いを挑むではないですが、対等に戦える国として日本は強い」といい、「3人のうち2人はオリンピックを経験している選手なので、全力で頑張ってほしい」と語った。


羽生結弦選手はけがの影響で出場を見送ったが、安藤は「けがとうまく付き合っていくポテンシャルを持った選手。応援することがいまの羽生選手にとって回復につながる。次の試合に臨んでほしい」とした。また初優勝を目指す宇野昌磨選手については「同じ名古屋出身。先生が違うのであんまり関わりはないですが、外から見ていて本当に努力する選手。音楽の表現について力を入れているので、本当に頑張ってほしい!」と力を込めた。


イベントでは、安藤は5組の親子に向けてスケート教室を実施。怖がらずに氷の上を滑れるようスケート初挑戦の子どもにアドバイスを伝授した。安藤は「みんな楽しいと言ってくれたのでよかった。言ったことをきちんとやってくれたので優秀。教えやすかったです」と笑顔で振り返った。


ららぽーと豊洲に期間限定で登場するスケートリンクは目の前に海が広がるのが特徴。12月7日から2019年2月17日まで。

RECOMMEND NEWS

  1. サッカー日本代表、U-23日本代表、なでしこジャパン 名勝負各3試合の配信決定

  2. 東京五輪代表第1号 坂井丞、ブログで振り返りと感謝

  3. 連続テレビ小説『エール』の路面電車、豊橋で運行開始

  4. 高橋大輔選手、なぜアイスダンスなのか?決断の真意とは

  5. 髙橋大輔の決断、素顔から見えてくる本当の強さと優しさとは?

  6. 人気番組が合体、「日本一」の県でプロ厳選のラーメンを選定

  7. イニエスタを漢字で表すと…日本のファンが選んだ二文字に本人感激

  8. 「タピオカ」が児童誌ふろくに!発売直後から目覚ましい売れ行き

  9. 卓球五輪メダリスト伊藤美誠、“大魔王”と恐れられるテクニックの中身とは

  10. 女性向け異世界コミック13作品が期間限定で無料『夏の女性向け異世界コミックフェア2020』

  11. 宇野昌磨の「今」に迫る、2019-2020シーズン完全プレーバックも

  12. 絶対に顔が見えないキュートな女子高生「隠崎さん」とは?

  13. 宇野昌磨選手、珠玉の15演技をノーカットで収録した映像集発売

  14. 元AKB48小嶋真子と元テラハメンバー又来綾のPOP UP SHOPオープン

  15. フジテレビスポーツ報道の顔、宮司愛海アナ撮り下ろし写真集発売