LiSA 偶然にも“共通認識”が…新曲制作秘話明かす

今週12月12日に両A面シングル『赤い罠(who loves it?) / ADAMAS』を発売したLiSAが、リリース週末である12月15日に東京・ゲートシティ大崎 アトリウム、12月16日に大阪・ツイン21アトリウムにて、ニューシングルの発売を記念したトークイベントを実施した。

東京ではスペシャルゲストとして、新曲『赤い罠(who loves it?)』で作詞・作曲を担当した田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)と、編曲を担当した堀江晶太(PENGUIN RESEARCH)を招き、新曲の制作秘話などをクロストーク。LiSAは、新曲『赤い罠(who loves it?)』の制作に関して「難しい曲を格好良く歌いたかった」とコメント。それに対し田淵は、「LiSAだけにしか歌えない、誰にも真似することの出来ない曲を歌わせたいと考えました。皆さんの期待を一段超えることが出来たと思う」と新曲に対する思いを語った。

大阪ではスペシャルゲストして、新曲『ADAMAS』で作曲を担当したカヨコと、編曲を担当した堀江晶太(PENGUIN RESEARCH)を招きクロストーク。カヨコからの「作品を出すごとに強くなっていくLiSAというアーティストを表現するには、女性らしい力強い曲を書きたいと思った」というコメントに対して、LiSAが「自分1人の為だけではなく、次のステージに皆を引き連れていくイメージがあり、先陣を切って命を懸けて戦う女戦士“ジャンヌ・ダルク”という共通認識が、偶然にも3人の中にあった」と語ると、堀江は「締め切りギリギリまで曲作りをした」と『ADAMAS』の制作秘話を明かした。この日のクロストークの模様は、12月22日(土)に放送される関西のラジオ番組FM802「802 Palette」内で聴くことができるので是非チェックしてみよう。

2018年も残りわずかだが、12月23日(日)は 愛知「MERRY ROCK PARADE 2018」出演、12月28日(金)は千葉「COUNTDOWN JAPAN18/19」に出演予定。来年1月からは全国ZEPPツアー、そして来年4月29日(月)と4月30日(火)の2日間は、先日発表された横浜アリーナ単独公演2DAYS「LiVE is Smile Always~364+JOKER~(ヨミ:ライブイズスマイルオールウェイズ スリーシックスフォープラスジョーカー)」を開催予定。

現在、新曲『ADAMAS』が、オリコン デイリーデジタルシングル(単曲)ランキング(10/8付)1位、iTunes総合ランキング1位をはじめ自身過去最高となる23冠を達成 (10/8付・リアルタイムチャート含)し、ミュージッククリップも公開中。そして、TBS系テレビ「CDTV」12月・1月オープニングテーマに決定した『赤い罠(who loves it?)』のミュージッククリップも公開され、大きな話題を呼んでいる。両曲ともにanimelo mixなどでフル配信もスタートしているのでこちらも是非チェックしてみよう。


12/15東京イベント写真(カメラマンクレジット:Viola Kam (V’z Twinkle) )
12/16大阪イベント写真(カメラマンクレジット:渡邉 一生)

RECOMMEND NEWS

  1. 緑川光 8夜連続対談は“一種のお祭り”、日替わりゲストへの想いを直撃

  2. キャスト一新の舞台『弱虫ペダル』、最新公演チケット先行受付開始!

  3. 「PSYCHO-PASS サイコパス」コンサート、描き下ろしイラストが公開

  4. 中島愛、CDデビュー曲『星間飛行』発売日にオンラインライブ開催決定

  5. 『DIG-ROCK』続編、キャストインタビュー公開【RUBIA Leopard 編】

  6. 伊東健人、森嶋秀太がマスター務める特番でマンガトーク&朗読

  7. 小野大輔、“ファンには堪らない空間”カラオケコラボルームが登場

  8. 上坂すみれ、ニューアルバム『NEO PROPAGANDA』全曲試聴動画が公開

  9. 「かいけつゾロリ」新TVアニメシリーズが2020年春に放送

  10. 浪川大輔の2020年上半期「俺的ニュースベスト3」に驚きの声「そんなことある?!」

  11. すれち違いラブコメ『ネガくんとポジちゃん』千葉翔也、指出毬亜らによるボイスコミック公開

  12. ヒプノシスマイク 初のフルアルバムが発売決定、ファン待望の新曲5曲収録

  13. 声優・下野紘の熱い想い「今、エンタメが必要だと僕は思います」

  14. 斉藤壮馬「とても感動しながら収録」オトメイトレコード新作インタビュー到着

  15. 三森すずこ、アニサマで怒涛の4連続コラボ「みんなの愛のおかげ」渕上舞と初の歌唱も