滝沢秀明、事実上これが最後のテレビ誌表紙

'18年内をもって芸能生活に幕をおろす滝沢秀明が、12月26日発売「TVガイド新春特大号」(東京通信社)の表紙に登場。引退を前に、事実上、今回が最後のテレビ誌表紙となる。

タッキー&翼のベストアルバムが発売され、出演する「8時だJ」(テレビ朝日系※)、「ジャニーズカウントダウン」(フジテレビ系※)の放送が目前に迫った今、ともに一時代を築き、同じ時代を駆け抜けた仲間に向けて、そして新たな時代を託す後輩たちに向けて、滝沢が思いを明かす。

“ジャニーズJr.黄金期”と呼ばれた10代を振り返るなかで、当時は「“みんなでひとつのブランドを作ろうぜ”というハングリー精神が強くて、ライバル意識より団結力。がむしゃらで、子供ながらに“世の中に出て行く”感覚を肌で感じていた」と回想。「バックダンサーだったJr.が前に出るという、今までにない現象が起きた」と、メインで番組に出たことが、いかに画期的だったかを語った。

そんな自他ともに認める“黄金期”を経験したからこそ、「そういう時代をもう一度絶対に作りたい」との思いが滝沢にはあるという。「厳しいかもしれないけど、今は決して黄金期とは言えない。今のJr.はもっとすごいことができると思うし、やらなきゃいけない。全然満足できない」とコメント。

表に立つ、立たないは関係なく「時代を作る」ために、嵐は嵐、関ジャニ∞は関ジャニ∞、それぞれの立場でできることをやればいいと持論を展開。退所する今井翼についても「勇気ある決断だった。応援するべきだと思う」と理解を示した。

その先輩の思いを受け、ジャニーズJr.からSixTONES、Snow Man、Travis Japanの3グループが集結。彼らが見てきた滝沢の背中、滝沢から学んだことを、グループの垣根を越えて語り合う。さまざまなエピソードが飛び交うなかには、「人のキャラを見いだす天才」(田中樹)「意欲を持たせるのが好き」(佐久間大介)といった、後輩目線で語られる滝沢の印象も。“滝沢イズム”を受け継ぐジャニーズの一員として「俺たちも満足していない」(ジェシー)、「これで終わらないし、終われない」(森本慎太郎)と決意を新たにした。

ほか、嵐のグラビアや連載など8ページに及ぶ巻頭特集、ジャニーズJr.8組49人の“干支グラビア”、年末&お正月の日めくり特番ガイドも掲載。

※12/29(土)「テレビ朝日開局60周年記念 超豪華!!最初で最後の大同窓会!8時だJ」
※12/31(月)「ジャニーズカウントダウン2018-2019 平成ラストの夢物語!ジャニーズ年越し生放送」

「TVガイド新春特大号(2019年1月11日号)」 
発行地域:関東版/関西版/中部版/北海道・青森版/岩手・秋田・山形版/岡山・香川・愛媛・高知版/鹿児島・宮崎・大分版/宮城・福島版/長野・新潟版/静岡版/石川・富山・福井版/広島・島根・鳥取・山口東版/福岡・佐賀・山口西版/長崎・熊本版
発売日:12月26日(水)※一部発売日が異なる地域がございます
特別定価:430円
表紙:滝沢秀明

RECOMMEND NEWS

  1. 二宮和也の魅力をたっぷり凝縮、『anan』表紙で精悍な出で立ち披露

  2. 綾瀬はるか・石原さとみ・深田恭子ら「日本昔ばなしよみきかせ」を無料公開

  3. 北村匠海×赤楚衛二、モノトーンの『GOOD ROCKS!』表紙に登場

  4. 萩田帆風「ラーメン女子博」を盛り上げるサポーターに就任

  5. 「なつぞら」草刈正雄、母との想い語ったインタビューに反響

  6. SixTONES 田中樹 『ブラック校則』での好演は「本当に嫌な奴に見えると言われて…」

  7. 伝説のアイドル岡田有希子、竹内まりや提供作品を1枚にコンプリート

  8. 滝沢カレン、予測不能な“カレン語”で映画レビューに初挑戦

  9. 岡田准一、リーチマイケルと仲良くコタツに「本当に寝ちゃいそう(笑)」

  10. 一卵性の双子ユニット、驚異のシンクロ率に「むしろ怖い!」と驚きの声

  11. 壇蜜、夫・清野氏の素顔は「カマキリ似」 新婚生活は“通い夫”スタイル

  12. 仲間由紀恵「て〜げ〜気分でよろしくお願いします」ブログ開設の意気込みつづる

  13. NEWS増田貴久 役者として、アイドルとしての矜持を語る

  14. 大友花恋、ドキドキのお買い物報告に反響「届くのが楽しみだね」

  15. 『スケバン刑事』風間三姉妹次女 中村由真、子育てに奔走中