相武紗季がスキャンダルの原因に「グッドワイフ」でキーパーソン

TBSで1月13日(日)よる9時からスタートする日曜劇場「グッドワイフ」(初回は25分拡大)に相武紗季が出演することがわかった。

常盤貴子をはじめ、小泉孝太郎、水原希子、北村匠海、滝藤賢一、博多華丸、賀来千香子、吉田鋼太郎、唐沢寿明ら日曜劇場ならではの豪華キャストが集結し、期待が高まっている本作。

結婚後16年間、専業主婦として家庭を守ってきた蓮見杏子(常盤貴子)。しかしある日突然、東京地検特捜部長の夫・壮一郎(唐沢寿明)が汚職疑惑で逮捕され、さらに女性問題も発覚。杏子は子どもたちを守るために弁護士に復職することを決意する。しかし、どこへ行ってもスキャンダルの渦中の妻として世間から好奇の目を向けられ、さらに弁護士としての16年のブランクははかり知れず、悪戦苦闘する日々・・・。それでも杏子は強い信念を持ち、“自分をあきらめずに”自分の弱みも逆手にとって強く生き抜いていく中で、弁護士として、人として成長していく。

この物語の根幹となる壮一郎の「汚職事件」と「女性スキャンダル」。その「女性スキャンダル」の原因である壮一郎の相手・遠山亜紀役に相武紗季が決定した。亜紀は優秀な新聞記者で、壮一郎と情報提供を通じて信頼関係を築いていた。しかしある日、二人は一線を越えてしまう。そのうえ、そのことがマスコミに報道され、大きなスキャンダルに・・・。杏子と壮一郎の夫婦の絆を壊し、壮一郎を窮地に追い込むきっかけになる亜紀。彼女の存在が、この作品の大きな見どころである人間関係に今後どのように影響していくのか。予測の付かないスリリングな展開を繰り広げる、重要なキーパーソンとして注目だ。

<相武紗季 コメント>
登場人物の誰もがそれぞれの思惑をもっているので、亜紀がそこにどう絡んでいくのか、観る人の気持ちをザワつかせ、楽しんでいただけるように演じたいと思います。

<プロデュース・東仲恵吾 コメント>
本作の大きな魅力である夫婦の問題。その原因を作った亜紀は本作のキーパーソンです。また、日本版としてのキャラクター設定で、大幅にオリジナル要素を入れました。そんなとても大事な役を、相武紗季さんに演じていただけることになりました。ぜひお楽しみください。


(c)TBS

RECOMMEND NEWS

  1. 妖精 白石麻衣の魔法に高山一実が「アメイジング!」

  2. 『半沢直樹』出演の尾上松也、撮影秘話や知られざる “苦悩の時代” を語る

  3. Aぇ! group、86種類のラーメンを前に胃袋の限界に挑む「最後の方は感動でした」

  4. 「池袋は埼玉の一部!?」乃木坂46秋元真夏ら“埼玉ケンミンスター”6人がホンネトーク

  5. 斎藤ちはるアナ、乃木坂46 OG伊藤かりん&能條愛未のサプライズメッセージに赤面

  6. なにわ男子高橋恭平、道枝駿佑にマジ切れ寸前!?ステージ映え男子を目指す

  7. 朝ドラでブレイク 福地桃子『沸騰ワード10』出演で大反響「浄化された」

  8. 杉浦太陽が語った、妻・辻希美との‟結婚の決め手”に紗栄子らも納得

  9. 佐野勇斗 飯豊まりえ、新成人に向けお祝いコメント

  10. くるり岸田繁、Eテレ『みいつけた!』の新EDテーマを書き下ろし

  11. 企む大泉洋に猛ダッシュする松岡茉優!?豪華俳優が演技合戦

  12. 渡邊圭祐、学生時代に目指していた職業明かし佐藤健らも驚き

  13. ハーゲンダッツCM、初の男性キャストに佐藤健起用

  14. 横浜流星、浜辺美波は「さじ加減が絶妙」 和装2ショット初披露

  15. 林遣都、有村架純の恋の相手役で火9ドラマ出演 実は“ワケあり男子”