斎藤工主演「麻雀放浪記2020」主題歌は今大注目のCHAI

2019年4月5日(金)全国公開となる映画「麻雀放浪記2020」(配給:東映)。不朽の名作として、今なお読み継がれている阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」が、和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに再び映画化される。

主演は、映画版「麻雀放浪記」を生涯ベストの1つと公言している斎藤工。斎藤は10年の歳月をかけて映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現。1945年から2020年へとタイムスリップしたギャンブラー”坊や哲“を演じる。そして、メガホンを執るのは「凶悪」(13)、「孤狼の血」(18)など“いま日本映画で一番攻める作品を撮る”と言われる日本映画界のトップランナーであり、「孤狼の血」で現在行われている賞レースを総ナメにしている白石和彌が監督を務める。

原作は、1945年の戦後を舞台にしたアウトローたちの青春期であり、その時代の空気や風俗も余すところなく活写。しかし、本作ではこの原作を原案とし、そのスピリットを受け継ぎながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジ。原案を敬愛し続けた製作陣が挑む、スーパーリブート作品がついに誕生する。

そんな本作の主題歌を今大注目の『NEOかわいい』バンド「CHAI」が担当することが明らかとなった。

本日9日(水)22時~放送のNHK「クローズアップ現代+」でCHAIの全貌が明らかになる彼女たちの現象を大特集。(※緊急のニュースが発生した場合、放送日時が変更される場合あり)今まさにムーブメントが巻き起こっている「CHAI」は双子のマナ・カナに、ユウキとユナで編成された4人組、『NEO – ニュー・エキサイト・オンナバンド』だ。2016年、SpotifyのUKチャートTOP50に代表曲『ぎゃらんぶー』がいきなりのランクイン、2017年には初の全米ツアーも大成功し、FUJI ROCK FESTIVAL“ROOKIE A GO GO”でも超満員を記録するなど、日本だけではなく、世界でも大注目のバンド。そして、17年10月に1stアルバム『PINK』をリリースしオリコンインディーチャート4位、iTunes Alternativeランキング2位にランクインし、注目度が更に増す中、2月に『PINK』US盤をアメリカの人気インディーレーベルBURGER Recordsより、8月にはEU盤をイギリスの老舗インディーレーベルHeavenly Recordingsよりリリースし、世界の音楽ファンが注目するアメリカのサイトPitchforkが選ぶ“The Best Rock Album of 2018”に選出、イギリスのThe Guardianの”Best New Music 2019”に選出されるなど、その勢いはとどまるところを知らない。『NEOかわいい』というのは、「女の子はみんな、生まれた時から可愛くて、“かわいくない人なんていない”という意味」で用いており、「それぞれの個性がかわいい」「コンプレックスは、個性なり。コンプレックスは、アートなり。」というコンセプトで、自分たちのコンプレックスを隠すことなく歌い、デビューからまだ間もないにもかかわらず、驚異的なスピードで世界的なアーティストまでの道のりを駆けあがっており、世間を圧倒している。

そんなCHAIを、本作の白石和彌監督が大絶賛。ぜひ本作の主題歌に、ということで、今回の企画を提案。ラッシュ(音声の入っていない完成前の映画)を見て、そのアグレッシブな内容に圧倒され、初めて見るような世界の驚きを現しつつ、本作のために主題歌『Feel the BEAT』を制作。CHAIにとっては初の映画主題歌となる。


<CHAI コメント>
この映画で描かれていることが本当に起きたらと考えると怖すぎる!深刻なことがコミカルに詰まっているけど、すごく現実的でヤバい。リアルに感じます。哲(斎藤工)の「もっと命かけて麻雀やったらどうなんだ!」と言うセリフの熱さがすごくて、誰に対しても刺さる言葉・刺さる映画なんじゃないかなと思いました。ビシッとしなきゃ、ちゃんと生きなきゃ!と思いましたし、たくさん笑えて感動するから、何かに熱中したくなりました!そして、哲の“絶対に俺はこれだ!”という一生懸命さと譲れない気持ちが「Feel the BEAT」のテーマになっています。誰かに聞いたり迷ったりするのではなく「言い切る!」という大事な気持ちは、哲にもあるしドテ子(もも)にもあるし、そしてCHAIにもあると感じて曲にしました。だから【思いっきりCHAI】な曲になっています!!映画の曲は初めてだったのでエンドロールで流れているのを想像しながら作ったのですが、合っていて嬉しかった(笑)!映画の最後にみんなの気持ちをグッと掴めるといいなと思います!


<白石和彌監督 コメント>
CHAIのアーティストとしてのグローバルな活動と限りなく広がる世界観に一目惚れしてお願いしました。初めて会った時、CHAIのみんなは「どんな感じの曲がいい?」って優しく僕に聞いてくれたので、一生懸命説明するとキャッキャしながら「わかった!やってみる!」と言ってくれました。少しだけ不安を覚えましたが、上がってきた曲は超カッコよかったです。その時『孤狼の血』のムビチケを渡したのですが、果たしてCHAIは見てくれたのか、今度会ったら聞いてみようと思います。CHAIありがとう!


■「麻雀放浪記2020」
2019年4月5日(金)全国ロードショー
配給:東映
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

RECOMMEND NEWS

  1. UVERworld 結成20周年記念日に配信ライブ決定、BD&DVDアートワークも公開

  2. SKY-HI、Live映像作品リリース記念特番&Live生中継のニコ生決定

  3. リトグリ本日デビュー5周年、Earth, Wind & Fireとのコラボレーションを発表

  4. HKT48森保まどか、初のソロピアノアルバム全曲トレーラーが公開

  5. MIYAVI、39歳の誕生日に配信シングルを緊急リリース

  6. 凛として時雨、「舞台PSYCHO-PASSサイコパス」主題歌配信開始&MV公開

  7. 米津玄師『感電』MV、公開4日と7分で自身最速 1,000万再生達成

  8. 愛媛発”驚異の顔面偏差値”バンド「たけやま3.5」東京フリーライブに2000人が熱狂

  9. 田中れいなワンマンライブ、歌って踊って新宿ReNYが興奮の坩堝に

  10. K-POP代表バンドDAY6、センシュアルな新ビジュアル解禁

  11. 斉藤和義、「ちびまる子ちゃん」新ED主題歌&ライブ作品トレーラー映像同時公開

  12. 「香水」で注目の瑛人が新曲「ライナウ」公開、タイアップも決定

  13. 川口レイジ、速水もこみち主演ドラマの主題歌&EDテーマに決定

  14. 宇野実彩子(AAA) “歌ってみた” 動画第8弾、Official髭男dism『Laughter』公開

  15. FTISLANDイ・ホンギ、ソロライブのDVD/BDダイジェスト映像 第2弾が公開