ヤンキース・田中将大が大苦戦 女子高生インタビュアー相手に「答えるのやめときます」

TBSでは1月14日(月・祝)よる9時から、25周年特別版「さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかスペシャル」を放送する。明石家さんまと中村玉緒の名コンビで贈る恒例のお正月番組も今回でなんと25周年。今年も全国各地での街頭インタビューや手紙、インターネットなどで日本全国の“叶えたい夢”を募集。1万を超える夢の中から、25周年にふさわしい豪華な夢が実現する。


今回、超大物アスリート“マー君”ことニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が夢を叶えるべくアメリカから帰国。シーズン直後の依頼にもかかわらず田中が快諾をしたのは…「スポーツキャスターになって憧れのプロ野球選手にインタビューしたい」という、野球好きの女子高生の夢。




彼女はインタビュー相手が憧れのマー君だと告げられると驚きを隠せない様子。さらに今回は、スポーツ情報番組「S☆1」(毎週土曜深夜24時30分~、毎週日曜深夜24時~)の協力により、このインタビューが放送されるという25周年にふさわしい豪華な舞台も用意。 彼女は夢のひと時を味わいながら、スポーツ番組のいちキャスターとして田中が他では話していないスクープをとることを目指す。


人生初のインタビューに挑む彼女は、受験勉強の合間を縫って取材準備にとりかかる。自主練習のほか、 アナウンサーのレジェンドを教師に迎え、マンツーマンの猛特訓も。さらに実践練習も行われ、アノ有名選手たちが続々登場。ドリームマッチ状態に…⁈


そして、ついに本番当日―。田中が登場した途端、これまで落ち着いている様子だった女子高生と現場に一気に緊張が走る。番組側で事前に「彼女の将来のためにプロのインタビュアーとして接してほしい」と依頼したこともあり、田中は女子高生インタビュアーとはいえ通常の取材と同じように応対する。そんな田中に対して奮闘する女子高生だが、アスリートとして田中が答えづらい攻めた質問も次々に投げかけ、「答えるのやめときます(田中)」と現場がピリつく場面も…⁈ これまでの努力を全力投球し、彼女は貴重なスクープを入手することができるのか。


なお、このインタビューの全貌は、1月20日(日)深夜24時20分から放送の「S☆1」内で放送される予定(※地域により放送時間・内容が一部異なる)。スタジオの出演者一同も驚いた、マー君VS女子高生の歴史に残る超貴重ドキュメントをお見逃しなく。


■番組概要

[番組名]『さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかスペシャル』

[放送日時]1月14日(月・祝)よる9:00~11:07

[出演者] 司会                      明石家さんま

                                 中村玉緒

      ゲスト(※50音順)              川田裕美

                              関根勤

                              出川哲朗

                              福原愛

                              中村倫也

進行             安住紳一郎(TBSアナウンサー)

写真クレジット:©TBS


RECOMMEND NEWS

  1. 劇団EXILE 町田啓太、爽やかなブレザー制服姿にファン悶絶

  2. 千鳥・ノブ、中村静香に衝撃告白「もう俺は愛してるよ」

  3. 『映像研』齋藤飛鳥 山下美月 梅澤美波、自宅から最強リモート生配信

  4. 山本美月、リアルな恋愛観を赤裸々告白「結婚を考える!」

  5. 『テセウスの船』完全ネタバレ、犯人の日記をParaviで独占配信

  6. 『竜の道』玉木宏&高橋一生が「ある作戦」に…女性たちの関係にも変化が

  7. 『世界一受けたい授業』初の課外授業スタイル、中田英寿が日本伝統文化の魅力伝える

  8. 吉高由里子、中丸雄一の止まらない汗に「一人ゲリラ豪雨」

  9. 「麒麟がくる」3月15日放送回から、木村文乃&木村了が初登場

  10. 『オオカミ少年』15年ぶりに復活!『テセウスの船』『恋つづ』『念唱』嘘のNGシーンは?

  11. 加藤諒ら個性全開、胃もたれ注意のドラマ『焼肉プロレス』DVD発売決定

  12. キスマイ藤ヶ谷太輔、俳優業への気持ちを語る「もっと演技の経験を積みたい」

  13. 『どうぶつピース!!』SP 日向坂46から重大発表、マル秘プロジェクト始動

  14. 小芝風花主演の話題作「トクサツガガガ」東京で展示会開催決定

  15. 山田涼介、12年振りに学ラン姿を披露「童顔なのでいけるかなって思ったけど…」