光石研が演じる“渋井直人”「違和感がまるでない」原作者が太鼓判

テレビ東京系で放送中の深夜ドラマ「デザイナー 渋井直人の休日」(毎週木曜 深夜1:00~)のトークイベントが13日、都内で行われ、主演を務める俳優の光石研、原作者の渋谷直角氏が登壇した。


渋谷氏による原作は、「otona MUSE(オトナミューズ)」(宝島社)にて連載中。52歳で独身のデザイナー・渋井直人(光石)が、次々に現れるヒロインたちに振り回され、玉砕する姿を描く、中年おじさんのちょっぴり切ない悠々自適な物語だ。


原作者の渋谷氏は、光石が演じる渋井について「完全に違和感がまるでない。スムーズに実写になっている」と絶賛。クスッと笑ってしまう渋井の姿に「毎週かわいそうだなって思いながら観ていて笑っています」と語った。


この日、光石は演じる渋井の服装のまま登場。渋谷氏とともにそれぞれのお気に入りのシーンなどについてトークを展開した。渋谷氏は、ヒロイン役に内田理央を迎える収録回の現場に顔を出したことを振り返り、「内田理央さんのかわいさに衝撃受けた。目が見れないんですよ。内田ですって挨拶してくれたけど目を見れなくて、去った後にめっちゃ見るみたいな…」と笑いながら語った。


明日に控えたバレンタインデーにちなみ、光石が3種類のチョコから1番高いプレミアムなチョコを当てるというゲームが行われた。アイマスクをした光石に、渋谷氏がチョコを食べさせる構図に本人たちは「おじさんが、おじさんに…」と照れ笑い。結果は、1番安いチョコを選んでしまい失敗に終わった。光石は「絶対わからない。難しいわ、こんなの。当てる気満々だったのに」と悔しがった。


イベント終了後、駆けつけたファンに光石自らチョコを渡す場面も。ファンと直接交流する経験はあまりない光石だが、「(ドラマを)観ていますとか言ってくれた」とうれしそうだった。

RECOMMEND NEWS

  1. 賀来賢人主演『ニッポンノワール』はあの事件の半年後!?『3年A組』の3名が同名同役で出演

  2. 音 書き置きを残して豊橋へ、光子(薬師丸ひろ子)らに裕一のことを相談『エール』第39話

  3. 鈴木伸之&志田愛佳が兄妹役、素顔が見られるメイキング映像公開

  4. 『ハケンの品格』豪華新キャストも並ぶ“営業企画課”集合ショット

  5. 弘中綾香アナ、フワちゃんとYouTuberに挑戦「いいの?アナウンサーがこんなこと言って」

  6. 高田秋、うっかり発言で恋人発覚!?「ビジュアル系バンドではないです」

  7. 3年ぶりに「HiGH&LOW」が帰ってくる!番長・山田裕貴の鬼邪高校が舞台

  8. 浜辺美波、お風呂でモグモグにファン悶絶「反則です」

  9. 岡田健史主演ドラマに17歳の新星ラップアーティストが主題歌

  10. 『笑点』番組54年の歴史上初の「リモート大喜利」を放送、座布団はどうする?

  11. BUMP OF CHICKEN、結成23年超えの軌跡 名曲の数々をライブ映像で振り返る

  12. 「偽装不倫」宮沢氷魚からの “おいで” の破壊力がヤバイ

  13. 佐藤二朗、大好きな佐久間由衣と再共演「大満足です」

  14. 佐久間由衣、小関裕太ら主演で「このミス」大賞ドラマシリーズ化決定

  15. 中村倫也、黒柳徹子に“ハムスター愛”を披露