マックスむらい 発覚したリスナーの年齢に仰天、そして感謝

マックスむらいとコスケが毎週月曜日にお送りする「マックスむらいとコスケの月曜20時(仮称)」。ニコニコ生放送とYoutube Liveにて放送される本番組は、リスナーからのお便りを元に様々な話題が飛び出すトークバラエティ。


2月18日放送では、体調不良のため出演できないコスケの代打としてハラミンが登場。むらいと共に番組へ寄せられたお便りに回答した。


番組開始の挨拶を早々に、むらいが最初にピックアップしたのは「2019年はやくもやっちゃった失敗談」。文字通りリスナーの失敗談が寄せられるこのカテゴリから、恋愛に関する苦労話をチョイスした。むらいはお便りの文面を丁寧に最後まで読み上げると、そのほろ苦い内容を噛みしめながら神妙な表情に。


どこか切ないムードが漂い始める最中、隣で話を聞いていたハラミンも思わず「おいー!何でなんだー!」と声を上げる。高校時代までさかのぼったハラミンの恋愛談、むらいがITベンチャー企業時代に体験したチャットルームの奇妙な話など、番組序盤から普段では聞けない両者の濃密なトークが展開された。


番組中盤になると、リスナーの個性豊かな失敗談を元にむらいとハラミンの軽快なトークに拍車がかかる。その中で読まれたのは、貰ったお年玉を宝くじに使ってしまったリスナーのからのお便り。


1通目の恋愛話とはベクトルの異なるテーマを前に、2人は「やっちゃったな~!」と笑い交じりのツッコミを見せると、視聴者からもお年玉にまつわる興味深いコメントが到着。内容は「お年玉は学生まで貰えていた」、「そもそもお年玉が無かった」といったもので、話題は失敗談から「お年玉をあげるか否か」へと移る。


両者と早い段階でお年玉を貰う習慣から脱したらしく、ハラミンが「(親が)お年玉は無いって言えばそれで終了」と発すると、むらいも「一言で終わるもんね」と返答。続く「幼少期に言われたら(お年玉が無くても)納得して大人になっていく」など真面目な意見が語られる中、ハラミンが「ただ、最近友達の子供を見て(お年玉をあげない)とは言えないなって思ってしまった」と笑みを含めてオチをつけた。


引っ越しにおける物件選びや就活生へのアドバイスなど、真面目な相談からネタ要素に富む様々なお便りが取り上げられる間に、番組も徐々に終盤へと近づく。


開始1時間30分近くで読まれたのは、ゴルフ動画をきっかけにマックスむらいの魅力にハマったあるリスナーからのお便り。その内容に関心を寄せながら文面を読み上げるむらいだったが、途中で「アラカンの私が……」という文字に「アラカン!?」とリスナーの年齢に目を丸くながら仰天。同じように驚くハラミンと顔を合わせながらも、自分への応援メールに感謝の意を示した。


放送開始から次週で早くも4回目を迎える「マックスむらいとコスケの月曜20時(仮称)」。今後生まれるであろう更なるディープなトークと珍場面に期待しよう。


RECOMMEND NEWS

  1. M.S.S Projectら参戦『ニコニコネット超会議2020』で“スペシャル”な試合

  2. 羽生結弦、最後のブログ更新に感謝の声「夢のようでした」

  3. バチェラー史上最強のモンスター揃い!? シーズン3は9月13日(金)配信

  4. まるでドリンク!?な映えふろく、EXITも興味津々

  5. 大泉洋主演「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」巻頭38Pの大特集

  6. バレンタイン目前、ミス駒沢 準ミス東大らが新作チョコに舌鼓

  7. 『ある日突然関西人になってしまった男の物語』完結、全12話の総集編が公開

  8. 「小悪魔ageha」異例の大抜擢、バーチャルタレント「九条林檎」が専属モデルデビュー

  9. 『ニコニコネット超会議2020』ネット総来場者1,638万1,426人を動員

  10. 髙橋大輔、AERA表紙飾る 「一生現役」の言葉も

  11. YOSHIKI×山中伸弥教授の緊急生対談が放送決定

  12. コメントやいいね!を米粒に変換 ついに「1億粒」達成、約2,000kgのお米を寄付

  13. 2019年の“ギャル流行語大賞”は『KP(ケーピー)』その意味とは?

  14. 鈴木誠也、愛犬との仲良し寝姿に「かわいい」の声相次ぐ

  15. 『news every.』新キャスターに ハードキャッスル エリザベスを起用