「金曜ロードSHOW!」前作地上波初OA記念、『IT/イット THE END』本編映像初解禁

“ホラー版『スタンド・バイ・ミー』”と称された前作『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』では、誰もが共感できる幼少時代の冒険譚が多くの心を鷲づかみ、世界興行収入7億ドルを超え、日本でも興行収入22億円突破の大ヒットを記録。完結編となる本作では、前作のラストで固く誓った<約束>を果たすため、27年ぶりに集う落ちこぼれの子どもたち7人=ルーザーズ・クラブの仲間たちの絆とエモーショナルなドラマ、そして過去と現在が交錯しながら展開する予測不能のストーリーが描かれる。公開されるや「7人の絆に涙が止まらなかった」「語彙力崩壊するぐらい感動的で恐怖に満ちた作品」「爆上げの一級人間ドラマ!前作以上に最高!」「何もかもパワーアップ!ペニーワイズ最高!」「びっくり箱のように飛び出す恐怖と、笑い、ノスタルジーに感動」「大人になっても勇気や友情を問われる、恐怖と思い出の詰まった青春映画」など絶賛の声が続々と集まっている。

そしてこの度、11月8日(金)日本テレビ「金曜ロードSHOW!」での前作地上波初放送を記念して、前作のラストにつながる本編シーンを初解禁! 1989年の夏に米メイン州の小さな田舎町デリーで起きた連続児童失踪事件にピリオドを打ったルーザーズ・クラブの仲間たちは、デリーで不審な事件が再び続発したことによって、27年の時を経て集結する。かつて負け犬と呼ばれたメンバーたちは立派に成長し、イギリスに住むビルは映画業界で脚本家として活躍。ベバリーはファッション業界で活躍し、リッチーはコメディアンとして人気を博し、太っちょだったベンは建築家として成功したばかりかぜい肉も落ちてすっかりイケメンに! エディは保険会社のビジネスマンとして仕事に忙殺されていた。中華料理店の円卓を囲んで和気あいあいとした雰囲気の彼らだったが、ただ1人町に残って事件の調査していたマイクからの話になり空気が一変! 町に戻ってくることで、忘れていた恐怖の過去が鮮明によみがる。そう、IT=“それ”ことペニーワイズが、27年の時を経て再び現れたのだ! そして、円卓に置かれていたフォーチュンクッキーが突如動き出し、奇妙な生物が湧き出てくるのだが……。27年の時を経て再び現れた“それ”に対峙するために、再び集まったルーザーズ・クラブの仲間たちは、すべてを終わらせることができるのか!?

また本作では多くのカメオ出演や、名作へのオマージュ等盛りだくさん。さらに前作以上に上映フォーマットを拡大した本作では、完結編に相応しい豪華声優キャストが勢ぞろいしたシリーズ初の<日本語吹替版>上映。通常に比べより強力なモーションと思い切ったエアー&ウォーターシャット、ファンなどを使用し、演出効果を“限界MAX”で表現した<“限界MAX!ペニーワイズの絶叫4DXライド!”版(Surprise Extremeコード)>上映など、様々な映画体験が2~3度と楽しめる。そして11月8日(金)21時00からは、R15指定だった前作『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』を該当シーン編集の上、日本テレビ「金曜ロードSHOW!」でまさかの地上波初放送。本作のさらなる続報に注目だ。


©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


RECOMMEND NEWS

  1. 西島秀俊が世直しヤクザヒーローに?! 西田敏行とダブル主演「任侠学園」映画化決定

  2. 松本穂香、撮影現場での仲睦まじいエピソードを披露「差し入れを食べれなかった…」

  3. 乃木坂46 樋口日奈 伊藤純奈 鈴木絢音、卒業生 能條愛未 出演「GIRLS REVUE」上演決定

  4. 熱気と興奮に包まれて、USJで1日限定「海賊オールスター万博」開催

  5. GLAY「劇場版 FFXIV 光のお父さん」主題歌書き下ろし、本予告映像が解禁

  6. 飯豊まりえ、冷静な目線の先「肩書きがすべてじゃない」

  7. 岡田准一「ザ・ファブル」×ガガ、おしゃれに本編が展開する特別映像解禁

  8. 田中圭&林遣都の仲良しぶりに、吉田鋼太郎嫉妬「俺は泊まっていない」

  9. 東出昌大、韓国ファンを魅了「寝ても覚めても」アジアを席巻

  10. 石原さとみ&矢本悠馬、小西詠斗とTikTokに初挑戦

  11. 坂口健太郎「筋肉は裏切らない」吉田鋼太郎もビックリの胸筋にニヤリ

  12. 斎藤工「麻雀放浪記2020」完成披露試写しなくても自信 代わりに「映画昼顔を…」

  13. 鈴木拡樹ら刀剣男士8人が一挙集結、「映画刀剣乱舞」完成披露上映会開催決定

  14. 小栗旬 大の“小栗ファン” 醍醐虎汰朗へ香水プレゼント「好感度が、だいぶ」

  15. 佐久間由衣、坂口健太郎の印象は「う~ん」も乗馬については饒舌「ハマって抜け出せない」