吉本坂46新曲は“王道EDM”「ラッキーええのもらった~!」

秋元康プロデュースによる“坂道シリーズ”と言えば、乃木坂46・欅坂46・日向坂46となるが、あの吉本興業と秋元康氏がタッグを組み、坂道シリーズとして2018年12月にデビューした“異色のアイドルグループ”が「吉本坂46」だ。

そんな吉本坂46がデビューから一周年となる12月25日、「デビューから早1年にして渾身の勝負シングル」と意気込むサードシングル『不能ではいられない』を発売するという。

早速その意気込みや制作風景を尋ねるべく、チーム内ユニット「RED」から榊原徹士、小寺真理(吉本新喜劇)、池田直人(レインボー)、光永の4人を訪ねた。


―まずは吉本坂46サードシングル「不能ではいられない」がXmasリリース決定とのことでおめでとうございます。

吉本坂46

ありがとうございます!


―早速『不能ではいられない』聴かせて頂き、MVも拝見させていただきましたが、もうめちゃくちゃかっこいい王道EDMですよね。みなさん楽曲を頂いた際はどのように受け止められましたか。

光永(ひなた)

まず「おしゃれやな~」と思いました。これまでREDはレトロ調だけどテンポ早い曲が多かったので、このEDMの方向性は「かっこいいな~」って思いました。

池田直人

早く歌いて~!これは絶対盛り上がるっしょ!ラッキーええのもらった~!

一同

(笑)


―レコーディングは個別録音ですか?もし他メンバーさんとの触れ合いや思い出深いエピソードなどありましたら教えて下さい。

榊原徹士

レコーディングは3人一組でした。僕は「ラフレクラン」の西村さんと一緒だったんですが、めちゃくちゃ声がガッサガサで。ただでさえハスキーな西村さんが「すんません今日、声出ないんです…」って。でもその声をフルに使って、あの「全身に血が巡って脈拍が上がった」のフレーズを歌ったんですよ!だからめっちゃいいエモい声になってるんですよ。余計に際立ってるんです。同時に西村さんってめっちゃビブラート上手いんだなと思いました。

小寺真理

私、歌もダンスも得意じゃなくて、吉本坂に入ってから練習してって感じなんです。ソニーさんからも「大丈夫。アイドル一年生なんだから」って言ってもらいながらこの1年過ごしてきたんですけど、シャンプーハットてつじさんの次くらいにテイク出してると思います。光永さんと一緒に歌ってるんですが、光永さんが歌いはじめて「あ、ここなんだ」と思ってフワッと歌いだしたりするのが、先生に全部バレてるんですよ。「フワッと入ってきたなコイツ!」って(笑) それを全然傷つかない言葉で「僕もいいと思うんですけど~」って注意してくださる手厚い現場です!


―MVも相当作り込まれています。撮影では全員揃われたのかと思いますが、制作現場などはいかがでしたか?かなりハードだったとの声も漏れ伝わってきますが。

池田直人

前日ホテルに泊まって、朝からの撮影でした。僕セカンドシングルから前日のホテルで「蒸気のホットアイマスク」を用意してるんですよ。次の日、目がパッチリするかなと思って。16枚持ってきてるんです。LINEで「蒸気のホットアイマスクいりますか?」ってみなさんに送ると…、誰からも返事がないんです。

一同

(笑)

光永

恒例行事みたいになってるんで、欲しいけど無視するみたいな。


―リリックは秋元康先生が手掛けているわけですが、「隕石落ちたような確率の低いアクシデント」とのフレーズが印象的です。みなさんの中で「確率低いだろう」というアクシデントに見舞われたエピソードをお持ちの方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

榊原徹士

僕、秋元康先生に品川駅で会ったことがあります。

一同

えええええええ!!!!!

榊原徹士

絶対にサラリーマンが履く靴じゃない靴を履いてらっしゃる方が目の前にいて、眼鏡のフレームも見たことあるんですよ。その場でスマホ検索で秋元康先生の画像を出して見比べちゃいました。そんで、「うわっ!秋元康先生だ!エグくないか!?」って!

光永

秋元康先生ってホントに存在するのかな?と思っているところがあって、オーディションで初めてお会いした時も全然動かないんですよ。どうもまだ実在するって確信が持ててないです。

池田直人

「10人いる説」もあるもんね。あんな仕事量こなせるはずないって。


―デビューから約1年。大半の期間が2019年なわけですが、今年一年を振り返ってみていかがですか?

池田直人

歌であったりアイドルであったり、SNSのお仕事であったり、今までやったことないお仕事をやらせて頂いた一年でした。2020年もやったことないお仕事をたくさんやらせてもらえたら嬉しいですね。

光永

最初はアンダーメンバーだったんですが、選抜のメンバーが『泣かせてくれよ』でデビューした時、入ってすぐに『FNSうたの夏まつり』に出たり、『紅白歌合戦』の事前番組に出たりとか、芸人でどれだけ頑張ってもありえないお仕事を急に頂けて、貴重な体験が出来た一年でした。来年も飛躍して個人としても頑張っていきたいなと思ってます。

榊原徹士

僕は俳優部門なので、芸人さんと絡むことなかったんですが、この1年で色んな芸人さんと会って、仲良くなれたっていうのが嬉しいです。ダンサーさんもそうなんですが、吉本坂に入らなかったら話す機会がなかった方ばっかりなので。

小寺真理

「メイクさんがいる」っていうことが嬉しくて。新喜劇って365日休みなくて、毎回800~900のキャパを埋めてるのにメイクさんいなくて、衣装さんもいないんです。衣装はあるんですけど、一週間着続けるんです。着物も自分で着るんですよ。

一同

えっ!?マジ!?

小寺真理

新喜劇の若手は着付けを覚えるところからスタート。

一同

えええ!!知らんかった!

小寺真理

だから吉本坂では甘えまくってて(笑) 撮影でコーヒーのトラック?カフェが来てくれて、お金払わなくてもいいとかも知らなかったんですよ。今はイキって行くんですけど(笑)

一同

(笑)

光永

MV撮影の日みんなめちゃくちゃトイレ行くもんな。飲みまくるから。

小寺真理

新喜劇のメンバーには「メイクさんが常にいてさ~」とか自慢しまくってます。「カフェが来てくれるし」「ケータリングが2回くらい内容変わるのよ」とか。

池田直人

お城から帰ってきたシンデレラ。


―『不能ではいられない』は12月25日Xmasリリースなわけですが、Xmasらしいご予定や過ごし方などできそうですか?

一同

(スマホを確認しながら)スケジュールどうだったっけ?

小寺真理

仕事入ってないと、ドキドキするんです。関東のみなさんは結構お出かけされたりするじゃないですか。大阪の芸人は年末が勝負!『オールザッツ漫才』というのがあって、『八方・今田の楽屋ニュース』ってコーナーがあるんです。そこが暇だと凄く寂しくなるんですよ。暇だと芸人としてアカンって思われるような雰囲気なんです。新喜劇も冬休み特別講演で5回まわすことも、掛け持ちで8回になることもあるんですよ。そこで仕事が休みだった時、やっぱり不安になるんですよ。で…、今年休みっぽくて。

一同

えええ!!

光永

あの…、私も確認したら、休みでした。

一同

(笑)

光永

マズイですこれは。だからTSUTAYAとか行って、CD見て「あ、売ってる売ってる!」って思うXmasを過ごしそうです。

小寺真理

(榊原徹士を見つつ)どうせ女の子と過ごすんでしょ?

榊原徹士

その後は...、秘密だよ。 

一同

(笑)

小寺真理

(池田直人を見つつ)どうせお母さんと過ごすんでしょ?

池田直人

今見たらしっかり吉本制作の配信入ってました。

光永

それにしてもこの1年は榊原がボケを覚えだして、成長がハンパないです。リップサービスが止まらないです。

小寺真理

元々の感覚が芸人やと思います。私生活も関西の昔の芸人っぽいんですよ。朝まで飲んでたとか、ギリギリに来るとか。

榊原徹士

「ギリギリに来る」は反省します(笑)


―12月27日には『吉本坂46 誕生祭 1st Anniversary Live』も開催決定しています。現状の感触でどんなライブになりそうでしょうか。

池田直人

1500人キャパなんで、1500人も僕らのことが好きな人が集まるわけですから、盛り上がることは間違いないです。1周年ですが、2周年、3周年、10周年と続くと思っているので、1周年来た人には「1周年見れたんだよ!いいライブだった~」と将来言ってもらえるようなライブにしたいです。

光永

この1年間応援してくれた人がほとんどだと思うので、みなさんに成長を見せたいですし、リリースの後ですから、パフォーマンスを生で見たことない曲多いと思うんですよ。コンサートでその状況は珍しいので、誰がどういう動きするのか楽しみにして頂ければと思います。

小寺真理

乃木坂さんのライブ見せてもらった時、ファンの方のサイリウムの色変えるって遊びがあって、「いま赤!」って言ったら一瞬で赤に変わるんですよ。「赤つぎ、青」ってみんな着いていくんですよ!あれをメンバーの位置から見たらホンマに凄いんやろなって。今の所私達はメンバーの色とか決まってないですが、決めてこういうこともやってみたいですね。

榊原徹士

そうするとアレじゃないですか。『今夜はええやん』とか黒スーツでイメージカラーが黒なんで…、つけないとか。

一同

(笑)


―誕生祭が終われば今年もいよいよ大詰めです。来年チャレンジしてみたいことなどある方はお願いします。

小寺真理

『乃木撮』って乃木坂のメンバーが撮った写真集があるじゃないですか、来年の今頃は『吉撮』?やりたいですね。私は結構アイドルっぽい写真撮るのが好きなんで、顔のいい人は呼び出してポーズを取らせたりしてますね。私はPhotoshopも好きなんで加工とか色味を変えたりするんですけど、光永さんは生の艶っぽい写真を撮るのが上手なんで、2人でショージ師匠にお願いしたりして写真集を作りたいですね。

池田直人

ギターをやってみたいです。自分でも曲を凄く作るんですよ。人にも道楽で曲を作ってるんです。お風呂に入りながら鼻歌をボイスメモに録音して作ってるんですが、ストレスなく作れるようにギターを覚えたいなと思ってます。

榊原徹士

同じなんですけど、僕も来年から音楽つくろうと思ってます。

光永

新ユニットとかオリジナル楽曲とか行けそう。

小寺真理

秋元康先生に歌詞をお願いしに行く企画とか。「品川駅で会ったんです!」って。

一同

(笑)

光永

私はお洋服が好きで、趣味で服つくったりしてるんですが、服のデザインとかグッズ制作とか出来るようにしたいですね。

小寺真理

副業しようとすな!

一同

(笑)


―それでは最後の質問になりますが『不能ではいられない』聞き所をよろしくお願い致します!

光永

MVで言うと、大勢のエキストラ の方がキスをしている中で私達が踊ってるんですけど、そのエキストラの方が女同士だったり、男同士だったりするんで、ファンの方からも「令和の曲だな」「全ての愛を肯定してる」って言ってもらえて凄く嬉しいんですよ。いっぱい聞いて欲しいし、いっぱい見て頂きたいと思っています。

榊原徹士

MVなんですが、大阪組のまりこりんと多田さん(トット)がめちゃくちゃ練習したわけですよ。多田さんもミスをしたくないという気持ちが強いのでめちゃくちゃ練習してるんです。僕はアイドルとして踊りが多少出来た立ち位置から話させて頂くんですが、「1年経てば人は練習でここまで上手くなれるんだ」「出来るんだよ」という結果がめっちゃ詰まってます。

小寺真理

TAKAHIRO先生主宰のインフィニティが振り付けを教えてくれてるんですけど、インフィニティは欅坂46ももちろん教えてて、普段は平手友梨奈さん教えてる人が、吉本坂では多田さんを教えてるんです。

一同

幅広いな~(笑)

小寺真理

TAKAHIRO先生が踊らなくていいフォーメーションを辞めて、今回は「ダンサーに頼るのは無しで、もう芸人に頑張ってもらう」って考えてくださったので、「芸人がこんだけ出来るんだよ」「ここまでやれるんだよ」というところを見て欲しいです。


RECOMMEND NEWS

  1. BiSH アユニ・D によるソロバンドプロジェクト「PEDRO」ライブ映像フル公開

  2. あいみょん 10thシングルカラオケver.配信、動画投稿キャンペーンもスタート

  3. CNBLUEジョン・ヨンファ『Jellyfish』MV公開、幻想的でスタイリッシュな世界観を表現

  4. 松任谷由実『刀剣乱舞』新主題歌を“始まりの五振り”が歌う、コンセプトアルバム発売決定

  5. 三浦大知、FNS歌謡祭でパフォーマンスする『Yours』コレオビデオ公開

  6. SKY-HI、ファン投票上位曲をカウントダウン披露したライブ音源配信

  7. 内澤崇仁(androp)『ハッピーエンド』も披露した大反響の配信ライブ、2度目の開催決定

  8. 七海ひろき、歌詞に込めた想いとは?宝塚退団後の1年を振り返る

  9. ムロツヨシ×古田新太「Iターン」OPに大抜擢“にゃんぞぬデシ”とは?

  10. Stray Kids、「Nizi Project」ファイナル・ステージでパフォーマンス披露が決定

  11. 山本彩、決意の1stシングルアートワークを公開

  12. サザンオールスターズ 特別ライブ、公式アンバサダーにさまぁ~ず就任

  13. SUPERNOVA、日本デビュー10周年記念ツアー完走「僕たちは超新星でした!」にファン涙

  14. HKT48森保まどか、初のソロピアノアルバム全曲トレーラーが公開

  15. Aimer ドラマ「あなたの番です」主題歌配信開始、MVには奈緒が出演

  1. HiHi Jets 高橋優斗&渡辺大『有吉ゼミ』で超ドカ盛りメキシカンプ…

    2020.11.30

  2. “ジャニーさんが最後に推したジャニーズ” 高橋優斗、『しゃべくり00…

    2020.11.30

  3. 4年ぶり復活「東京オートサロン」イメージガールユニット「A-class…

    2020.11.30

  4. 小池里奈 グラビア復帰、“変わらなすぎる” 奇跡の27歳に感謝

    2020.11.30

  5. 広告代理店勤務、HかIカップ美女 “ありぺー” グラドル顔負けの美ボ…

    2020.11.30

  6. 「Malcolm Mask McLaren」渥美かな、初グラビアで魅せた色っぽい肢体

    2020.11.30

  7. “いちばん回っているイベントコンパニオン” 小湊優香、人を惹き付け…

    2020.11.30

  8. 奥山かずさ史上、最高の豊満ボディ披露「癒されてください」

    2020.11.30

  9. 『ドラ恋』で話題の江野沢愛美、ちょっとオトナなグラビアにドキッ

    2020.11.30

  10. 元ラストアイドル 猪子れいあ、潜んでいたグラビアポテンシャル明ら…

    2020.11.30