稲垣吾郎、新しい地図『雨あがりのステップ』でファンと叶えた実り喜ぶ

「I’mPOSSIBLE(アイムポッシブル)アワード」日本国内最終選考委員会が2月20日都内で行われ、同アワードの選考委員で国際パラリンピック委員会特別親善大使を務める稲垣吾郎が出席。パラスポーツ応援チャリティーソング『雨あがりのステップ』の担った役割について「本当にうれしく思っています」と笑顔を見せ、「僕らも僕らにできることを考えながら、頑張っていきたい」と力強く語った。


「I’mPOSSIBLE」は、パラリンピックを通じた共生社会を促進するための“考え方”を学ぶ授業を学校教育の中で行うことを目的として、アギトス財団が開発した世界中で使用できる教材。「I’mPOSSIBLE(アイムポッシブル)アワード」では、「I’mPOSSIBLE」を活用して、インクルーシブな社会づくりに貢献する活動を行った学校3校(海外からは最優秀賞の1校、開催国日本からは最優秀賞と特別賞の2校)を選出。9月6日に実施される東京2020パラリンピック競技大会閉会式にて、表彰が行われる。


選考委員を務めることに「緊張しています」と苦笑いを見せつつ、「『I’mPOSSIBLE』の選考委員に選んでいただいて光栄」と挨拶した稲垣。「『新しい地図』として、香取慎吾くん、草なぎ剛くん、僕とで活動をさせていただいています」と口火を切り、2018年に発表したパラスポーツ応援チャリティーソング『雨あがりのステップ』について言及。


「『雨あがりのステップ』をダウンロードしてくださったみなさんから寄せられた寄付金が、海外での『I’mPOSSIBLE』の活動の普及や制作にも使われているそうです。最近では33か国にもそれが広がっているとのこと。この曲をダウンロードしてくださった方々と共に、世界中の子どもたちにパラリンピックの教育を届けられることを本当にうれしく思っています」とファンとの絆で叶えられた成果を喜んでいた。


この日は国内最終選考委員会にて、上位7校から各賞2校ずつの候補校を選出。委員会には、選考委員長の田口亜希をはじめ、飯野由里子、井田朋宏、小澤直、高橋尚子、中南久志、藤江陽子、丸山洋司、龍千恵も出席した。

RECOMMEND NEWS

  1. OH MY GIRL初の雑誌表紙に登場、“すべてが分かる”大特集

  2. “天使すぎる小悪魔”がインスタ降臨、最強コラボでまたも拡散

  3. 広瀬アリス 見事なプロポーション披露、女性らしい表情にドキッ

  4. 木村拓哉『J Movie Magazine』表紙に登場、主演ドラマを大特集

  5. 吉沢亮 インタビュー集が5万部突破、既刊写真集も更なる増刷決定

  6. 「ひるおび」お天気キャスター池岡星香 1st写真集、美脚スラリで大胆カット激撮

  7. “ティーンのカリスマ”めるる、棒読みな「はっぴー」がくせになると話題に

  8. 大原優乃、写真集発売日に“吐息を感じる”超接写ショット公開

  9. 前代未聞の新企画『#HYDEとデートなう。』大好評に応え再放送決定

  10. 萩谷慧悟「7ORDER」神戸公演に向けて意気込み「最後まで頑張ります!」

  11. ローランド、名言交え毎日のルーティンを明かす「皆が俺を目指すんだ」

  12. 「はじこい」で話題の横浜流星が主演、人気ミステリー小説を映画化

  13. 年内休養の高橋ひかる、応援の気持ちをこめて『Ray』表紙に抜擢

  14. おねぇタレントゆしん、ミスインターナショナルクイーン日本大会で特別賞

  15. 有村架純 今田美桜 りゅうちぇる、黒柳徹子“たまねぎヘア”誕生秘話に驚き